「いなくなったペット探します。」探偵のペット探し調査について解説。

探偵のペット探しとは

探偵への依頼内容として多いもの

探偵事務所に来る方の依頼内容は、さまざまなものがあります。
ここでは、よくある依頼についてご紹介します。

 

・浮気調査は、依頼の定番
パートナーが浮気をしているかどうかや、している場合には証拠を探したり、相手の情報を集めるといった調査です。
行動を報告書にまとめ、写真、動画として証拠を撮影します。浮気調査同様に依頼の多いのが、素行調査や行動調査です。

 

・近年増加傾向にある、盗聴器発見調査
非常にたくさんの盗聴器が流通している現代は、それだけたくさんの場所に気付いていないだけで、盗聴器が仕掛けられているということです。盗聴といえば、企業内の設置を連想する方もいるでしょうが、個人に向けて盗聴器が仕掛けられていることが多く、プライバシーを守るため、安心して生活を送るために、盗聴器がないか探して欲しい。という依頼があります。

 

・種類の多い、人探し
思い出の人探します。なんだかテレビでありそうですが、思い出の人探しや、家出してしまった家族の所在探し、金銭の絡んだ失踪人の人探しや、事件性の考えられる人探しに分類されます。難易度も違えば、それぞれ調査にかかる時間や料金も変わってきます。

 

・迷子のペット探し
個人では手の届きにくい部分まで詳しく探偵が調査します。狭い範囲から情報収集を始め、調査をだんだんと広く進めていきます。
ペット探し調査は、扱っている探偵が少ないのが現状です。ペット好きであること、ペットを探す知識が豊富など、依頼先選びが難しい調査です。

 

・身の周りに起こるトラブル関連の調査
ご近所トラブルによる嫌がらせ、ストーカー関連の問題や子供のいじめなど、身の周りに起こる嫌がらせの犯人を特定、また被害をまとめる必要のあるトラブル、被害状況や証拠もなしに警察に頼んでも、なかなか上手くいかないと悩むことがあります。
そんな時に役立つのが、状況に合わせて必要な調査を行う、探偵の存在なのです。

 

 

その他、最近はインターネットでのトラブルに関する問題も多いことから、オークション詐欺などの調査の依頼が来ることもあります。今後はさらに、探偵の扱う調査が増えていくかもしれません。


ホーム サイトマップ